街をつくる 人をつなぐ 技術をいかす 共立建設株式会社

ホーム技術とソリューション > 建物を地震に強くする
建物を地震に強く
施工例
地震に対する備えはお済みですか!?
■ 地震国、日本の現状
地震発生可能性・・・「もう来てもおかしくない状態!!」
我が国は世界でも有数の地震国であり、過去に何度も大きな被害を被ってきました。
1981年に施行された新耐震設計法は、1995年の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)、2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を含め、大地震に見舞われた際に、耐震性能確保の点においてはほぼ妥当なものであることが明らかとなっています。
以前より「もう来てもおかしくない状態」と言われる、東海、東南海、南海地震に対し、万全の対策で地震に強い建築物をご提案・ご提供します。



地震国、日本の現状
■ 耐震構造・免震構造・制振構造
構造性能の役割
構造性能
建物の構造性能には「人命保護、機能維持、損傷防止」という3つの大きな役割があります。
   人命保護 : 建物が倒壊・崩壊を防ぎ、建物周辺にも危害を加えない最低限の性能
   損傷防止 : 建物の財産価値の喪失を防止、あるいは修復を容易にする性能
   機能維持 : 建物に期待される機能を継続することができる性能
構造形式
耐震構造
耐震構造とは、建物の崩壊を防ぎ人命を保護することを最低限の性能としています。1981年に施行された新耐震設計法により設計された建物は、1995年に発生した兵庫県南部沖地震において、多少の損害を受けたものの、人命保護の役割は概ね果たしました。しかし、建物が受けた被害は大きく、損傷防止・機能維持という観点から取り壊された建物も多くありました。
免震構造・制振構造
免震構造・制振構造とは、建物に入ったエネルギーを免震装置・制振装置によって効率的に吸収することにより、建物の崩壊を防ぐとともに、振動を軽減し、建物の揺れを収まりやすくする構造形式です。
大地震後には、必要であれば装置を交換することで、建物の修復が可能です。
免震建物と耐震建物の比較
免震構造・制振構造のすすめ
耐震診断・耐震補強のすすめ
エア・サポート工法
完全外付耐震補強工法 ピタコラム
技術とソリューション
建物を地震に強くする
資産を有効に利活用
建物のリニューアル
太陽光発電(メガソーラ)
CCB工法(コンクリートのひび割れ制御)
CLT工法
BIM・3Dへの取り組み
安全・品質
用途別施工実績
お問い合わせはこちら